株式会社タレントアンドアセスメント

〒105-0003 東京都港区西新橋3-13-7 VORT虎ノ門south
TEL 03-6435-8621 FAX 050-3730-7358
Home会社概要企業理念事業内容アクセス会社概要

新着情報

弊社が手掛けた「きよらのたまご」の作品が、日本最大級の広告賞「ACC CM FESTIVAL」マーケティング・エフェクティブネス部門にて、総務大臣賞/ACCグランプリを受賞いたしました!

2016/9/29(木)

株式会社タレントアンドアセスメント(東京都港区 代表取締役:山崎俊明 以下T&A)は、T&Aが企画制作を行った、株式会社アキタ(本社:広島県福山市 代表取締役社長 秋田善祺 以下アキタ)のブランドたまご「きよら グルメ仕立て」のTVCMを中心とした「きよらのたまご」キャンペーンが、一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(以下ACC)の主催する日本最大級の広告賞「2016 56th ACC CM FESTIVAL」のマーケティング・エフェクティブネス部門において、「総務大臣賞/ACCグランプリ」を受賞したこと*をお知らせします。

ACC CM FESTIVALは、1961年に創設された日本最大規模且つ、最も権威ある広告賞として知られており、フィルム部門、ラジオ CM 部門、マーケティング・エフェクティブネス部門、インタラクティブ部門の4部門があります。
各部門の最高賞である「総務大臣賞/ACCグランプリ」は、広告関係者の大きな目標となっています。
マーケティング・エフェクティブネス部門は、規模には関係ない優れたマーケティング戦略と、効果的なクリエイティブ、表現によって、大きな市場的成果をあげた統合キャンペーンを評価するものです。

今回、アキタの「きよらのたまご」キャンペーンは、“もっともコモデティー化した商品である「卵」を新たにブランディングし、「定価で指名買いしてもらう!」という難しい課題に対して、女性の心をつかむエッジの効いたクリエイティブアイデアと、TVCMとクックパッドの展開を絶妙に掛け算することで、熾烈な価格競争が繰り広げられる卵売り場で、瞬間風速でなく「継続的に!」指名買いを実現し、大幅な売り上げ増につなげた” 点を高く評価頂き**、同部門の「総務大臣賞/ACCグランプリ」を獲得することができました。

* ACC CM FESTIVAL及び、受賞内容の詳細については、ACCのWebサイト(http://www.acc-cm.or.jp/)をご参照ください。
** マーケティング・エフェクティブネス部門審査委員長 土橋 代幸氏の講評より抜粋。

T&Aは、今回のTVCMを中心とした「きよらのたまご」キャンペーン全体の企画制作を担うとともに、同CMに出演するキャラクター「寝冷えネコ(きよニャ)」を開発。寝冷えネコ(きよニャ)は、CM放映後、SNS上でキャラ弁の投稿が相次ぐなど人気を博し、現在はLINEスタンプやゲームセンターのプライズなどにも商品を展開しています。

T&Aでは、今回の受賞をひとつの契機とし、今後もより多くの人にアキタのたまごと寝冷えネコ(きよニャ)の魅力を伝えて参ります。

 

■ CM概要 

【タイトル】きよら グルメ仕立て 「おふとん篇」 「ねびえ篇」 「かぶっちゃった篇」
【出演タレント】小雪 
【出演キャラクター】寝冷えネコ(きよニャ) 

おふとん篇寝冷え篇かぶっちゃった篇
おふとん篇寝冷え篇かぶっちゃった篇

※ CMは特設Webサイトにて公開中しています。同サイトでは、TVでは流れていない「30秒バージョン」及び「NG集」もご覧頂けます。
【特設WebサイトURL】http://www.akitatamago.co.jp/kiyora-new/cm.html


■ CMストーリー

「おふとん」篇
『きよらのお布団を、かけてください』
ケチャップライスでできた寝冷えネコが、小雪さんに小さな声でお願いします。
小雪さんは、フワフワで美味しそうな「きよら」のお布団をかけてあげます。
とても満足そうな、寝冷えネコ。しかし、最後には・・・。

「ねびえ」篇
小雪さんに、きよらのお布団をかけてもらい温かさに、味をしめた寝冷えネコ。
今回も同じお願いをするのですが、果たして、その結果は・・・。

「かぶっちゃった」篇
またしても小雪さんに「一生のお願い」をする寝冷えネコ。
小雪さんが美味しそうな「きよら」のお布団をかけてあげるのですが・・・。


■ 制作スタッフ

【企画制作】タレントアンドアセスメント+catch+博報堂
【CD/PL/CW】福部 明浩(catch) 
【PL】榎本 卓朗(博報堂) 【AD】川辺 圭(博報堂) 
【Pr】小澤 祐治(ギークピクチュアズ) 【PM】川村 貴士(ギークピクチュアズ) 
【演出】江藤 尚史(Club_A) 【撮影】Daniel Bouguet(melting pot) 
【GR撮影】ケイ オガタ(ナンバーツー) 【照明技師】田崎 信太郎 
【美術】拓殖 万知(ALOHA COASTER) 【キャスティング】百武 恵美子
【スタイリスト(小雪)】押田 比呂美 【スタイリスト】服部 サオリ
【ヘアメイク】金原 宣保     【声(寝冷えネコ)】新津 ちせ


■ 寝冷えネコ(きよニャ)について

【プロフィール】
寝冷えネコ目、寝冷えネコ科のケチャップライスでできたネコ。
きよら卵のお布団をかけてあげないと、寝冷えてしまう。
愛称は、きよニャ。
公式WEBサイト http://nebieneko.com/
 
【ソーシャルメディア 公式アカウント】
Facebook(寝冷えネコ):  https://www.facebook.com/nebieneko/
Twitter(@nebieneko):  https://www.twitter.com/nebieneko/
Instagram(nebieneko):  https://www.instagram.com/nebieneko/

 

※株式会社タレントアンドアセスメントは、寝冷えネコ(きよニャ)の関連商品に関して、独占的に販売活動を行う権利を取得しています。

[プレスリリース提供先] PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000011421.html

[プレスリリースのPDFファイル]
http://prtimes.jp/a/?c=11421&r=7&f=d11421-7-pdf-0.pdf

【プレスリリース】「きよら グルメ仕立て」のTVCMキャラクター『寝冷えネコ(きよニャ)』が、ぬいぐるみになってクレーンゲームに登場!

2016/9/21(水)

株式会社タレントアンドアセスメント(東京都港区 代表取締役:山崎俊明 以下 T&A)は、株式会社アキタ(本社:広島県福山市 代表取締役社⻑ 秋田善祺 以下アキタ)のTVCMキャラクターである寝冷えネコ(きよニャ)のアミューズメント専用景品(プライズ)を、10月第4週から全国のアミューズメント施設にて導入してまいります。

今回のプライズは、「かけてください」や「おふとん」など、CM中で見られたかわいいポーズをモチーフとしたBIGぬいぐるみと大きめマスコットでの展開となります。

きよニャ ぬいぐるみ
BIGぬいぐるみ(全2種/約35㎝)
「かけてください」「おふとん」

 


大きめマスコット(全3種/約12㎝)
「かけてください」「おふとん」「つくってください」

 

寝冷えネコ(きよニャ)は、鶏卵大手のアキタが販売するブランドたまご「きよら グルメ仕立て」のTVCMに登場するケチャップライスでできたキャラクターです。

昨年10月に放映開始された同CMは、CM総研が発表する2015年度(2015年4月〜2016年3月度)の「CM好感度調査」において、飛躍的に好感度を伸ばした躍進企業である「躍進部門」で第4位、新規CM参入した企業では同部門第1位となるなど、大変高い評価を頂いています。
また、SNS上でも、ケチャップライスとたまごで寝冷えネコ(きよニャ)のキャラ弁を作り、写真をアップする人が続出するなど、大人気のキャラクターとなっています。

T&Aでは、今回の寝冷えネコ(きよニャ)のプライズを通じ、より多くの人に寝冷えネコ(きよニャ)の魅力を伝えて参ります。



■きよらグルメ仕立て 寝冷えネコ(きよニャ) プライズについて

商品情報
①BIGぬいぐるみ(全2種/約35㎝)/「かけてください」「おふとん」
②大きめマスコット(全3種/約12㎝)/「かけてください」「おふとん」「つくってください」

※プレイ料金・在庫状況は店舗によって異なります。
取扱店舗はキャラ広場(http://www.chara-hiroba.com/item/label_top/340)をご参照ください。
 



【プレスリリース提供先:PR TIMES】
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000011421.html

「きよら グルメ仕立て」のTVCMキャラクター『寝冷えネコ(きよニャ)』がLINEスタンプに登場しました!

2016/6/27(月)

「きよら グルメ仕立て」のTVCMキャラクター『寝冷えネコ(きよニャ)』がLINEスタンプに登場しました!

きよニャ LINEスタンプ
~CM でおなじみのセリフなどかわいいスタンプが 40 種類~

 

弊社は、株式会社アキタ(本社:広島県福山市 代表取締役社⻑ 秋田善祺 以下アキタ)のTVCMキャラクターである寝冷えネコ(きよニャ)の LINEクリエイターズスタンプ(全40種類)を、2016年6月24日(金)より販売開始いたしました。

寝冷えネコ(きよニャ)は、鶏卵大手のアキタが販売するブランドたまご「きよらグルメ仕立て」のTVCMに登場するケチャップライスでできたキャラクターです。
昨年10月に放映開始された同CMは、CM総研が発表する2015年度(2015年4月〜2016年3月度)の「CM好感度調査」において、飛躍的に好感度を伸ばした躍進企業である「躍進部門」で第4位、新規CM参入した企業では同部門第1位となるなど、大変高い評価を頂いています。
また、SNS上でも、ケチャップライスとたまごで寝冷えネコ(きよニャ)のキャラ弁を作り、写真をアップする人が続出するなど、大人気のキャラクターとなっています。

今回のスタンプは、「一生のお願いです」など、CM中でのセリフをはじめ、多くの年代から愛される寝冷えネコ(きよニャ)らしく、かわいいものから少しシニカルなものまで幅広くご用意しています。
生活の中のさまざまなシーンで、寝冷えネコ(きよニャ)のLINEクリエイターズスタンプをぜひご利用ください。

T&Aでは、寝冷えネコ(きよニャ)公式WEBサイトとともに、今回のLINEクリエイターズスタンプを通じ、より多くの人に寝冷えネコ(きよニャ)の魅力を伝えて参ります。

 

■本スタンプについて
販売開始日:2016年6月24日(金)
販売金額:1セット(40種類)120円(税込)または 50コイン
販売ページ:
LINEアプリ内のスタンプショップで、「きよら」あるいは「寝冷えネコ」を検索頂くか、下記URLへアクセスしてください。

http://line.me/S/sticker/1290994

 

■寝冷えネコ(きよニャ)プロフィール
寝冷えネコ目、寝冷えネコ科のケチャップライスでできたネコ。
きよら卵のお布団をかけてあげないと、寝冷えてしまう。
愛称は、きよニャ。

公式WEBサイト

http://nebieneko.com
 

 

[プレスリリース提供先] PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000011421.html

[プレスリリースのPDFファイル]
http://prtimes.jp/a/?c=11421&r=5&f=d11421-5-pdf-0.pdf

「きよら グルメ仕立て」のTVCMキャラクター『寝冷えネコ(きよニャ)』の取り扱いを開始いたしました。

2016/6/17(金)

この度弊社は、新規事業として株式会社アキタ(本社:広島県福山市 代表取締役社⻑ 秋田善祺 以下アキタ)のTVCMキャラクターである『寝冷えネコ(きよニャ)』のキャラクタービジネスの取り扱いを開始し、、寝冷えネコ(きよニャ)の公式WEBサイト (http://nebieneko.com) を開設いたしました。

 

サイトイメージ
寝冷えネコ きよニャ
(画像をクリックするとサイトにジャンプします)

 

寝冷えネコ(きよニャ)は、アキタが販売するブランドたまご「きよら グルメ仕立て」のTVCMに登場するケチャップライスでできたキャラクターです。
昨年10月に放映開始された同CMは、CM総研が発表する「CM好感度レポート」(2015年10月度)において、全体で第3位、食品銘柄では第1位を獲得。
同総研2015年度(2015年4月〜2016年3月度)の「CM好感度調査」においても、飛躍的に好感度を伸ばした躍進企業である「躍進部門」で第4位、新規CM参入した企業では第1位となるなど、大変高い評価を頂いています。
また、SNS上でも、ケチャップライスとたまごで寝冷えネコ(きよニャ)のキャラ弁を作り、写真をアップする人が続出するなど、大人気のキャラクターとなっています。

公式WEBサイトでは、寝冷えネコ(きよニャ)の最新ニュースをお伝えしていくほか、壁紙のダウンロードなどのコンテンツをご用意。
今後、キャラクターグッズのオンラインショップなども順次拡充していく予定です。

弊社では、本サイトを通じ、より多くの人に寝冷えネコ(きよニャ)の魅力を伝えて参ります。
 

■ 寝冷えネコ(きよニャ)プロフィール
寝冷えネコ目、寝冷えネコ科のケチャップライスでできたネコ。
きよら卵のお布団をかけてあげないと、寝冷えてしまう。
愛称は、きよニャ


■ ソーシャルメディア 公式アカウント
Facebook(寝冷えネコ): https://www.facebook.com/nebieneko/
Twitter(@nebieneko): https://www.twitter.com/nebieneko
Instagram(nebieneko): https://www.instagram.com/nebieneko

■ TVCMについて
2015年10月放映(関東)
2016年4月放映(関東・関西)

<CM好感度> ※CM総合研究所発表 
★ 総合    第3位
★ 食品銘柄  第1位
※対象期間:2015年10月5日〜11月4日


★躍進企業部門 第4位
(新規CM参入企業 第1位)
※対象期間:2015年4月〜2016年3月

 

[プレスリリース提供先] PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000011421.html

[プレスリリースのPDFファイル]
http://prtimes.jp/a/?c=11421&r=4&f=d11421-4-pdf-0.pdf

 

内閣府の推進するプロフェッショナル人材事業の「プロフェッショナル人材活用ガイドブック」にて、弊社の戦略採用メソッドの導入事例が紹介されました。

2016/6/6(月)

内閣府の推進するプロフェッショナル人材事業の「プロフェッショナル人材活用ガイドブック」にて、弊社の戦略採用メソッドの導入事例が紹介されました。

『優秀なプロ人材を採用できる秘訣は、独自に磨きあげた「採用力」にあり』として、戦略採用メソッドが「選び抜く力」を強化し、その「選び抜く力」が優秀な人材を確保するための鍵になったとコメントされています。

経営者・採用担当者の皆さま、特に地方企業で人材採用に苦労されている方にお読みいただければ幸いです。

 


 

緻密に設計された採用手法により 適正かつ効率的な採用を実現


会社の成長スピードにプロパー社員の成長が追いつかない

弊社は現在、急速なスピードで事業規模が拡大しております。
しかしその反面、会社の成長スピードがあまりにも速いため、プロパー社員の成長スピードが追いついておらず、質・量ともに人材の補てんが必要となっていました。しかも財務、営業、農場長...など、さまざまな職種で、その分野に長けた真のプロフェッショナル人材を必要としています。また幹部社員についても、従来は主に取引先からの出向者で補充しておりましたが、現在はそれだけでは賄えなくなってきました。それが私たちがプロフェッショナル人材を積極的に採用する主な理由です。2011年に私がこの会社に入社して、人材採用戦略を手掛けるようになって以来、年に数人のペースで外部から経験豊富で優秀な人材を採用し続けています。


財務体制の維持・構築が困難な状況となり、財務のプロフェッショナルを必要とした

事業拡大と支店の増加にともない、既存の人材だけでは財務体制の維持・構築が困難な状況になっていました。また地方企業なため、財務バランスやキャッシュフローといった経営手法を熟知している人材も今まではいませんでした。
そうした状況の中、財務のプロとして入社いただいたのが、今回ご紹介する江野脇です。
大手銀行出身ということもあり、銀行とのやり取りを一手に担っていただいているほか、財務における構造改革も積極的に進めていただいており、その手腕には感服するばかりです。
過去にも地方銀行からの出向者に財務を任せたことがありましたが、やはり地方銀行出身者とメガバンク出身者、出向者と転職者とでは、知識や経験、ビジョンに至るまで大きな違いがあると実感しています。


「集める力」「選び抜く力」「動機づける力」
この3つの力が集まって「採用力」となる

本当に必要としている人材を採用するためには、「集める力」「選び抜く力」「動機づける力」――この3つの力が不可欠です。
まず「集める力」に関しては、会員制転職サイトを通じて優秀な人材を直接スカウトできるダイレクトリクルーティングや、さらに人脈なども活用しています。
つぎに「選び抜く力」に関しては、戦略的採用面接メソッド(T&Aメソッド)を導入。これは面接を通じて、客観的に相手の資質を見極める方法を体系化したものです。
そして最後の「動機づける力」とは、いかにして相手に「この会社の話を聞きたい」「この会社で働きたい」と思わせ るか。そのための戦略と言い換えることができます。例えば会社案内用のパンフレットを魅力的なものにしたり、テレビCMに力を入れるなど、アキタのPRをすることも、大きな動機づけに繋がるでしょう。
そしてこの3つの力が集結したものが「採用力」であり、私たちはこれを会社全体で徹底させています。


戦略的採用面接メソッドで「選び抜く力」を身につける

私は「選び抜く力」を身につけることが、企業にとって最大の生命線だと考えています。
弊社が導入した戦略的採用面接メソッドは、求める人材像を資質で表現し、バイタリティ、調整力、リーダーシップ、適応性、理解力、表現力など、求める能力要件を具体的に設定し、面接の質問や回答の判断基準を構築して、面接を受けた人の本質・資質を見抜いていきます。
これにより企業と 人材のミスマッチを防ぐことはもちろん、本来の資質や性格、態度、価値観が明確になります。
また例え、候補者が複数名いたとしても、相対評価ではなく、資質ごとに点数をつけていく絶対評価であるため、最終的には本当に必要な人材を選び抜くことができます。
このメソッドを活用するようになって以来、採用の効率化と適正化を図ることができるようになりました。


「選び抜く力」が優秀な人材を確保するための鍵に

地方創生は人の力にかかっています。地方が活性化するかどうかは、有能な人がいるかどうかの差ではないでしょうか。しかし首都圏の方々が思っている以上に、地方は人材が不足しています。
どこの地方企業も、優秀なプロ人材が喉から手が出るほど必要なのです。
弊社の成功要因は何か?と問われれば、間違いなく「選び抜く力」と答えます。
多くの企業は採用活動において「集める力」ばかりに注力しますが、そもそもそれが失敗の要因です。「選び抜く力」で本当に欲しい人材を選び抜けるからこそ、必要な人材を効率よく集めることができますし、入社への動機づけに的を絞った最終面接ができるのです。
まずは「選び抜く力」を身につけること。それが優秀な人材を確保する最大の鍵です。


 

内閣府HP 事例集 (P-22~23)

http://www.pro-jinzai.go.jp/jirei/pdf/guidebook.pdf

 

copyright © talent and assessment Inc. all rights reserved.